ドコモがXperia XZとX Compactを11月2日に発売!のまとめ

ドコモXperia XZとコンパクト
Sony Mobile が 2016 年下半期に投入する主力モデル2機種です。

特徴は
Xperia XZは前機のフラッグシップ Xperia X Performance から
ディスプレイサイズが 5.2 インチに拡大し、
カメラスペックが大幅に強化。
USB コネクターはリバーシブルな USB Type-C に変わっています。

通信速度は下り最大500Mbpsまでサポートする。
2300万画素のアウトカメラには、暗所でもピントを合わせやすい
「レーザーAFセンサー」と、色味をより正確に再現できる
「RGBC-IRセンサー」を新たに搭載。

通信速度は下り最大500Mbpsまでサポートする。
500Mbpsに対応する機種はXperia XZと「V20 PRO」の2機種だけなので希少だ。

防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)、フルセグ、
NFC、おサイフケータイ、USB Type-C、指紋センサーにも対応します。

オーディオ面ではハイレゾ対応、デジタルノイズキャンセリング対応。
DSEE HX対応などを継続。

バッテリー絡みでの進化があり、
急速充電に加え、バッテリーに優しい「いたわり充電」も利用できる。

Compactの違いは
ディスプレイ解像度やフロントカメラ、プロセッサ、通信速度などが異なります。
ストレージやメモリ、カメラ指紋認証センサーなど、共通する部分も多い一方で、
チップセット(CPU)や解像度、LTEの通信速度など若干異なる部分もある。

事前予約はすでに全国のドコモショップや
ドコモオンラインショップなどで受付中なので、
早期入手したい方は忘れずに予約しておこう。

Xperia XZについては、au(KDDI/沖縄セルラー)と
SoftBank(ソフトバンク)も取り扱うことになっており、
auは発売日が同じ11月2日、SoftBankは11月上旬以降の予定となっている。

カラーはXperia XZがフォレストブルー、プラチナ、
ミネラルブラック、ディープピンクの4色。

Xperia X Compactがミストブルー、ホワイト、
ユニバースブラック、ソフトピンクの4色となっている。

全体的にXperia XZは少し渋めのカラーで、Xperia X Compactは少し淡いカラー。

Xperia X Compact は
4.6 インチ画面の小型ミッドレンジモデルで、
コンパクトスマホ。
国内では NTT ドコモだけで販売されます。

Xperia XZと同等の進化したカメラを搭載する。
背面に多層コーディングを施すことで、陶器のようなツヤ感を表現した。
解像度が低いディスプレイを採用している分、
負荷が少ないので、Xperia X Compactはかなり快適だ。

2 機種とも新しいカメラを搭載したところが一番の進化点で、
背面には 2,300 万画素のイメージセンサーのほか、
新たに「レーザー AF」と「RGBC-IR センサー」が追加。
レーザー AF では、
深度を計測することによりピントの精度が向上しました。
RGBC-IR センサーは画像のホワイトバランスが自動的に補正します。

電子式手ブレ補正は 5 軸での補正に対応し、
既存モデルよりも動画撮影時の手ブレが軽減されると期待されています。

ドコモXperia スペック表

■ドコモの販売価格

Xperia XZは
ドコモオンラインショップでの価格(税込)は一括8万1648円。
月々サポートを24回分適用した実質価格は、シェアパック5(MNPのみ)、
シェアパック10~30、ウルトラシェアパック50・100、データM・Lパック、
ウルトラデータL、LLパック契約の場合、
新規契約・機種変更が3万7584円、MNPが2万6568円。

シェアパック5(新規契約・機種変更のみ)、
データSパック契約の場合、新規契約・機種変更が4万7952円、MNPが3万6936円。

Xperia X Compact は
ドコモオンラインショップでの価格(税込)は一括6万3504円。
月々サポートを24回分適用した実質価格は、シェアパック5(MNPのみ)、
シェアパック10~30、ウルトラシェアパック50・100、データM・Lパック、
ウルトラデータL、LLパック契約の場合、新規契約・機種変更・MNPいずれも2万6568円。

シェアパック5(新規契約・機種変更のみ)、
データSパック契約の場合、新規契約・機種変更・MNPいずれも3万6936円。

ドコモXperia価格表

動画で確認!