androidスマホの便利さを再認識★Win10 Phone使用後記

ドコモandroidスマホ
iPhone android Windows10Phoneと利用してきて
最近改めてandroidスマホの便利さを感じています。

Windows10 PhoneのVaio Phone Bizは仕事利用のためで
得にブラウザーがPC並みに利用できるのは
ネットショップを運営するのに便利なのです。

その後でandroidスマホを利用してみると
なんだこの便利さはって感じてしまう。

特別にWindows10 Phoneが不便なわけじゃなく
アプリは少ないので趣味向きではないとは感じてますが!
PCの画面をそのまま再現できるのは便利なわけで・・

androidスマホは得に複数の
Googleアカウントを利用して
(複数のメールアドレスを所有)

複数のGoogleサービスを利用しているなら
Googleが作ったandroidだからとっても便利なのです。

例えばiPhoneでアカウントを切り替える場合は
一度ログアウトして他のアカウントにログイン。
もしくは
一度設定をタップして他のアカウントをタップ!
となるのですが
androidスマホなら
現在利用しているアカウントをタップして
一覧から違うアカウントをタップするだけで
アカウントの切り替えができてしまいます。
ようするにワンタッチで切り替えOKなのです。

Gmailアプリを利用している場合も
androidスマホなら届いたメール通知をタップするだけで
現在違うアカウントをメールアプリで開いていても
即メールの内容を表示してくれます。
アカウントさえ切り替える必要もなく
違うアカウントのメールを表示するのです。

iPhoneなら今表示しているアカウントの通知が来ますね!

その他では
アプリ同士の共有の良さは昔からandroidが便利!
最近
iPhoneもこの機能は改善されていて
カメラで写した写真を複数のアプリに渡して編集できたりします。
が!
今日もこの1枚の写真はiPhoneで写したのですが
DropBOXアプリに移せないのです(´・ω・`)
しかたなく、DropBOXを起動して写真を選択という方法になります。

androidの場合は、ほぼ全てのアプリに共有できるので
写真を移動して複数のアプリで編集するのも簡単です。

まあ、
その分iPhoneのほうがセキュリティ的には上かなとは思います。

で!
これがiPhoneとandroidだけを使っていた時には
それほど差を感じてなかったのですが
Windows10Phoneを使ってみると
アプリの少なさと共有もパソコンとほぼ同じ操作なので
かなりのギャップを感じるのです。
そういえば
iPhoneも初期の3G時代はこんなだったわけで!
アプリも少なかった!
それと比べると
Windows10 Phoneのほうがかなり上なわけで
今スタートしたばかりのOSですし今後に期待ではあります。

もう一つ通信の問題では一長一短ありです。
ドコモ製のandroidスマホはドコモの通信には
格安スマホ用のSIMを使っても良好な通信ができますが
テザリングは格安SIMではできないように
いじわる設定されてるのです。

一方、Windows10 Phoneは例えSIMセットで販売されていたとしても
完璧にドコモの通信に対応できてなくて
少し電波が弱かったりします。
これは使うSIMの問題じゃなく端末本体の問題です。
過去に輸入したLG-G3を使った時も
通信が弱い地域にいくと圏外だったりしました。
今回は
楽天のVaio Phone Bizですがセット販売だけに
さすがに圏外にはならないけど最良の場所でアンテナ1本少な目で
スピードも少しですが劣る感じです。
その同じSIMをドコモの端末に入れ替えると良好な感度になります。
でも
機種によってはベストな機種があるはず
過去に投稿したドコモとの双子機種のarrows SVなら
格安SIMでも問題ないはず!が他機種であれば
使ってみないと?なわけです。

テザリングで使うなら格安スマホかSIMロックフリー!
iPhoneなら大丈夫と思いますが確認はしていません。

最適な通信優先ならドコモ制のandroidだけど
他のMVNOではテザリングができない点は注意です。

通知機能とかiPhoneも
最新OSではかなり機能が改善されているけど
先端をいってるはずのiPhoneがandroidの機能を後から
取り入れているようで、そこに不満を感じます。

次にメインで利用する機種を購入すととしたら
現時点ではandroidになるのかなって思います。