スマホを格安で使うSIMカード比較!データ通信編

格安SIMの価格を比較
格安スマホとSIMや端末比較を徹底的に調査して行こうと思います。
2016/03/23日 価格を再確認しました。
データSIMにおいてはプランの追加はあるものの
各社、高速定額の価格の変更はないようです。

とりあえず格安SIMカードを契約できるMVNO各社の料金比較です。
格安スマホの本体や通話付SIMの比較なども追加する予定ですが、
まずはSIMカードのみの比較をアップします。

そもそもSIMって何?
通話付データSIM比較
格安スマホ セットプラン比較
格安スマホ機種別のスペック比較
動作確認済端末一覧

料金表はLTE高速通信のみの料金を記載しているので
低速プランは表に記載なしです。
この料金表は2016年03月23日時点のものです。
通話付やスマホ本体のセットや低速回線やキャンペーンなど
他のサービスとの兼ね合いでお得になる場合もありますので、
とりあえず参考にしてください。

★表を見やすく画像に改変しました。
格安データ専用SIM比較1

格安データ専用SIM比較2

格安データ専用SIM比較3

格安SIMの申し込み先はこちらへ

※どのキャリアのスマホを使うのか要注意!auが利用できるのはmineoとUQ mobileです。

iPhoneで格安SIMを利用する場合はSIMロックフリー端末がベストです。

先にiPhoneに対応したSIMであるか各社の「動作確認端末一覧」を確認する必要もあります。
ドコモ制のスマホであればSIMロックありでも利用が可能です。
2年縛りのスマホを利用する場合は解約後の割引や違約金などについて契約内容の再確認をしましょう。

◆格安SIM各社の特徴

U-mobile
2段階定額のダブルフィックスは1GBを超えた場合も
自動的に3GBプランに切り替わり手間なし
その場合もIIJmioやmineoと同料金です。
1GB以下なら680円と気軽に使えるのがよい。

IIJmio
データ量の翌月繰り越し
クーポンを「かしこくやりくり」できる
家族で3枚までのSIMを利用できるプラン有り。

DMMmobile
最安で使い方に合わせて選べる豊富なプラン。
選べる容量は20GBまで自由自在!
SIMカード3枚までのシェアコースあり。

b-mobile
月額500円(税別)から!
使った分だけ後から お支払いできる
5段階定額制プラン「おかわりSIM」
5GB(5000MB)に達した場合は、上り下りともに200kbpsに制限

mineo(au)
500MB700円~
auとドコモでは料金が異なります。表はau用です。
1人複数や家族割り50円(1人)有り(最大5回線)
今なら月額基本料金が6カ月無料?!
さらに最大30カ月無料になるチャンスも!

モバイル4G/D
ゼロプランは最大200Kbpsの
データ専用で制限なしの660円です。

BIGLOBE
音声通話プランには1GBのプラン有り。
3000円キャッシュバックキャンペーン中!

楽天モバイル
低速200Kbpsの525円もあり。
SMSを追加するにはプラス120円になります。
余ったデータ量は翌月繰り越しできるのは便利!

DTI SIM
SMSを追加するにはプラス150円になります。
10GBが2200円はDMMの次に安い!10円高いだけ!
iPhone対応(DOCOMOとSIMフリーのみ)

hi-ho
2GBはDMMと同料金。
3Gには1年一括払い10,000円の1年パック割と
3枚までSIMが利用できるアソートがある。
10GBはファミリーシェアで3枚までSIMが利用できる。

UQ mobile
2GBで980円(税抜)~
※auネットワークを使用!
SIM単体での契約も可能!

ぷらら
通信容量制限がないためLTE通信を気軽に始められます。
テザリング対応です(SIMロックフリー端末のみ)

OCNモバイル
5GBではOCNは2番目に安い!
1日の使用量制限が110MBで900円と
170MBが1380円のコースもある。
スピード制限が500kbpsで15GB使えるコースもあり。

FREETEL
定額ではなく利用した分だけ払うタイプ!
例えば表に記載の3Gは利用した金額が3G以下なら900円
3Gを超えたら自動的に1520円となる。

まだある他社の情報は後ほど追加します。

現在スマホをキャリアでご利用の場合は、
毎月の最大利用するデータ量を基準にして、無駄のない契約をしましょう。

料金だけでなく複数SIMを使える条件やテザリングが使えるか?など必要なサービスを調べておこう。

テザリングはドコモ制のアンドロイドスマホでは使えないのでSIMロックフリー端末が必要!
アンドロイド4.0以下のバージョンではAPN切り替えアプリで利用可能になる場合もあるらしい。
しかし、au系の格安SIMなら使えるという情報もあります。

iPhoneはSIMが対応していれば、そのまま使える可能性大です。
テザリングに対応のSIMはDMMmobile/U-mobile/ぷらら/楽天モバイルという情報あり。

そもそもスマホのSIMって何?はこちら
格安スマホ本体とのセットプラン比較はこちら
格安スマホ機種別のスペック比較表はこちら
格安の通話付データSIM比較はこちら
格安SIMの動作確認済端末一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA