私が感じてる★格安契約の★スマホの★デメリット

格安で契約するスマホには
スマホ本体の支払いと通信料を同時に契約する方法と
本体は自分で用意して通信のみSIMカードを契約する方法。
さらに
通話とデータ通信を使う契約と
データ通信のみを契約する方法もある。

私の場合はスマホ本体は別途に購入して
通話なしのデータ通信のみ契約する方法です。
通話契約なしでも通話する手段はあるので
好きな機種を使い
通話は待受または緊急時のみなら、この方法が一番安くつかえる。

最近では5GBまで定額1500円で使えるMVNOもある。
ドコモでXiパケ・ホーダイ フラットは5700円だから
差額を比べるとかなりお得!

しかし、
安いのはデメリットもあるから安いわけで
実際に利用している私のデメリットは何か
記載しておきます。

一番感じるのは年齢認証ができないこと!
〇〇歳以上でないと受けれないサービス。
これはキャリアで認証を確認するサービスなので
キャリア契約でない格安はキャリアサービスを受けれないからです。

例としてLINEのIDを公開するには年齢認証が必要です。

友達からIDを知らせてとお願いされて
通知しても公開されないから友達はIDを検索して
登録することができない。
QRコード(バーコード)で知らせる方法や
PCのLINEアプリでなら登録できたり
するので不可能ではないが不便だ!

また、
LINEはSMSが使えないとアプリすら使えないので
データ通信のみでもSMSだけは付けておいた方が良い。

2番目はキャリアのメールアドレスがないと受けれないサービスがある。
何かのサービスを受ける時に
本人確認を確実にするため、登録時に
キャリアのアドレス登録を要求されることがある。
〇〇@docomo.ne.jp といったアドレスです。
これは完全にアウトです。
家族がキャリア契約があれば
登録時だけアドレスを借りるなどしない限り登録できない。
携帯電話ガラケーとの2台持ちであれば大丈夫。

データ通信のみの契約の場合050電話は
時計型のウェアラブル端末で電話の通知や
通話もできないのは不便。
ウェアラブルを使う予定があれば
格安でも通話契約は付けておいたほうがよい。

また050のIP電話やアプリを使った無料通話は
アプリの性能に大きく左右されるので
バージョンアップしたら通話できないとか
トラブルの発生もリスク!

最近SMARTalkアプリで電話の通知が来ても
自動で保留に変わり受話できない不都合を、感じています。
やはり受話だけでも通話機能はあったほうがいいね!

これらのデメリットを考慮しても
次回からキャリアで普通にスマホの契約することは
私としては考えられない。

年間3万円以上も多く払ってまでなくす
ぼどのデメリットではないからだ。
いずれのデメリットも何らかの方法で解決できる。

例え高額なハイスペック スマホが実質0円だったとしても
毎年8万円前後の利用料を払うのであれば
全額払って購入した方が2年目から安くなる。

最近では格安スマホもハイスペックな端末がでているので
ハイスペックマシンを使いたい人も格安で利用できる。

最後に!もうひとつ
故障した時は利用できな期間が発生するデメリットも頭に入れておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA