アンドロイドスマホを片手で操作するのに便利なSubランチャー使い方!

アンドロイドスマホの大きな画面だと
片手ではアプリのアイコンに指が届きませんが、
このSubランチャーを使えばできるようになります。
アンドロイドスマホ片手操作アプリ
Subランチャーは左右どちらからでも
画面の端からスワイプするだけで即開けます。
好みの場所に移動もできるので
自分の指のサイズに合わせることができます。
画面いっぱいにセットしたアイコンを削除して
ホーム画面もスッキリできます。

設定と使い方です。

このアンドロイドアプリを起動すると使い方が表示されます。
なので、この説明は不要かもです(*_*;
Subランチャーの使い方

「次へ」にタッチで閉じると「クイック設定」の画面になります。
アンドロイドアプリ設定画面

一番上の起動バーはランチャーを起動するときの
バーの位置をを右端か左端にするかの選択です。
右手の人はそのままでいいと思います。

次のランチャータイルのサイズ設定は
アプリのアイコンを何個表示するかを決めます。
標準では4×4で16個表示できます。
「+」「-」ボタンで数を変えられます。
その下のでランチャーとアイコンのサイズ変更もできます。

最後にランチャータイルの位置ですが
これは自由にドラッグで移動できるのでいいかな!
ページは標準でランチャーが2ページなのですが
最大で8ページまでに変更できます。

この設定は後でも変更できます。
アンドロイドアプリの再設定画面

設定を閉じてホーム画面の端か中央に向けて
スワイプすると空のランチャーが登場します。
アンドロイドアプリの登録

「+」をタップするとアプリを登録できます。
全てのアンドロイドアプリを読み込むのに
最初だけ時間がかかります。
全て表示されたら登録するアプリをタップします。

次は好みのアンドロイドアプリを登録した画面です。
アンドロイドスマホのランチャー起動画面

標準の設定では2画面になっているので
ランチャーの外の背景が黒のところをスワイプすると
次の空のランチャーが登場するので、さらにアプリの登録ができます。

なお、このランチャーはドラッグして好きな場所に移動できます。
ランチャーもしくはランチャー外のどの部分でも
ドラッグ(タッチしたまま指を移動)してタッチし易い場所へ
移動します。

アプリを起動をせずランチャーを閉じるには
ランチャーの外をタップすればホームに戻ります。

★有料版について
このランチャーアプリは無料ですが、下に広告が表示されます。
広告は邪魔にならないのですが、広告を表示するのに
僅かなタイムラグが発生するので、便利なら有料登録をおすすめします。
私はスピードを優先したので登録しました。216円でした。

登録は設定画面を開き(アプリを起動)
「サービス購入ページへ」をタップで実行できます。
その後に「広告非表示(有料)」にチェックを入れたらOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA