F-07CにWindows8インストール後の動作スピードを動画でお知らせ!

f-07c-youtube.jpg

インストールする方法を前回お知らせしましたが
その後に付け加えたアプリや設定などして
満足できる動作環境になりましたので
そのF-07Cを操作している様子をYoutubeにアップしました。
この動画と設定などの詳細については続きを見てください。

次の動画では追加インストールしたアプリの起動スピードや
ブラウザーでのサイトが開くスピードと
指でのタッチ操作(ズーム・ピンチイン/アウト)
縦・横へのスライドしている状態。
さらに旧名メトロ画面とアプリ一覧の操作と
デスクトップに戻る画面から終了まで簡単な操作を確認できます。
/

どうでしたが?
アプリの起動と終了など、かなり早いと思います。
ブラウザのタッチ操作についても
Windows7の時よりスムーズですね!

実はWindows8を入れた直後はもっと遅い動作でした。
それも、そのはず
7の時はクロックオーバーのアプリと設定で
CPUを最大限活用できるようにしていたのでした。

ということで

他にはマクドのmobilepointで接続していたら例の
ブルースクリーン発生!
なので、富士通のサポートから
Wi-Fiの無線の対策モージュールを入手して設定。
と、
これでブルースクリーンは解決できたのですが
自動でWi-Fi接続できていたのが
元の「無線LAN ON/OFF」スイッチの起動が必要に!

次の問題がセキュリティアプリです。
何を使うかでスピードが変わってしまいます。
元のaviraはWindows8に対応していませんでした。

なるべくフリーで行きたかったので
avastを入れてみるが、これが駄目!
次に軽いと言われているキングソフトを入れる。
最初は良かったが、なぜか重くなってしまった。
AVGは重いという評判なので・・どうしようと悩む。
試にマイクロソフトの無料をダウンロード。
と思ったら
Windows8はDefenderというセキュリティーが梱包済で
これを使えとのこと、機能を有効にして
最新に更新するだけです。

これが有効になるとサイトを開くとき
無効の時よりスピードは少々遅くなるが
さしずめ、現段階では我慢しておきます。

動画でのサイトを開くスピードですが
ミスして接続はOFFのままでした。
キャッシュから開いているので早いです。
しかし、
接続がオンの状態でもさほど遅くはないです。

問題は動画ですねー。
フリースポットの通信スピードが遅かったので
はっきり言えませんが、
動画が開始されるまでの待ち時間が長~い。
その前にYoutubeサイトを開くのに長い。
ただし
動画が開始されたら、それなりに見れました。

★時々発生するエラー

アプリが固まってしまったり
何かの問題で再起動した時に
再起動後にWi-Fiの接続が駄目になります。
ドライバーに問題が発生するので
一度削除して入れなおせば解決できます。
で、駄目なら「問題のトラブルシューティング」
で解決できています。

修正モジュールを入れた場合は再インストール。
インストール実行画面で
で上書きを選択するとエラーが出るので
削除するを選択で一度削除後に再インストールで!

この記事はF-07Cで書いてます。
さしずめ
Wi-Fiのエラーが発生しない限り問題なく使えてます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA