androidスマホを激安の月額490円(通話含む)で使うベストな組合せ方法

android-490en-sim.jpg携帯をスマホに変える時に一番に
悩むのは利用料金が高くなること。

主にパケット定額など、通話と含めると
6000円前後の維持費が必要になってくる!

今回はその問題を解決できる方法。
なんと通話も含めて
毎月の基本料は490円と超安く使える方法です。

通話も利用するには専用のアプリが必要ですが
その選択方法は複数あります。

あなたにベストな組合せを考えてみましょう。

激安スマホの使い方詳細は続きに記載しました。


■注意点!

まず注意していただくことはスマホ購入時に
定額データプランとセットで割引サービスの契約なら
変えてしまうと割引を受けれなくなるという点です。

SIMカードを変えてしまうので
今利用しているスマホの契約を解約しないと
メリットがありません。
なので
中古または支払が完了したスマホか
新機種でも本体のみ単独で購入した端末がお勧めです。

■目的に合わせた選択範囲が広いのが良い

最近低価格で利用できるデータプランが増えています。
例えばイオンSIMは月額980円で利用できます。
ですが
最安でありながら必要な時に必要な量だけ
ハイスピードを選択できるという自由度の高さと
何処でも使えるdocomo回線という安定度などもあり
他社と比べると
月額490円で利用できるServersMan SIMがベストと思えました。

データ専用SIMのため
通話をしたい場合は専用アプリでの
別途通話サービスの契約が必要です。
(最安は通話無料/条件あり)

■サービスの詳細

FOMA 3G 100kbps 定額490円/月

低速解除用のアプリを利用して高速通信ができる。
高速通信は3つの利用容量の上限を選択できる。
100MB 263円
500MB 1,315円
1GB     2,630円
アプリはAndroid OS 2.2以上
iPhone/iPadは近日リリース予定

ServersMan@Diskが1GB使える。

■おすすめ利用方法

FOMAの3Gだが基本は100kbpsと低速なため
通常はメールがメインで
アプリも軽量で軽快に動くものだけ利用。
高速を必要とする場合は
ローソンなどの無料Wi-Fiスポット
または
珈琲100円でOKなマックのmobilepoint
などを利用すると、
ネットも快適に利用できます。
自宅の無線LANが利用できればさらに便利!

携帯とスマホの2台持ちも
この価格なら大きな負担なくスマホが使えます。

■通話もしたいなら

通話方法は目的と料金に合わせて!

LINEアプリを入れて
相手がスマホだけなら通話は0円。
通話も合わせて490円の維持費です。

一般電話や携帯へも電話する場合は
iP電話を利用します。

FUSION IP-Phoneなら基本料金は0円
維持費は同じく490円。
ほとんど電話は受けるだけの人ならこれ!

050plusは基本料315円/月だが
3分/8.4円と一般電並の低価格で使える。
通話の発信も多いならこれ!
それでも維持費は805円と激安です。

基本0円のFUSION IP-Phoneは
30秒/8.4円と通話料は高いので注意!

FUSIONを利用してみて高額になれば
050plusに変える方法が良いと思います。

■050plusのメリット

アプリ同士なら24時間通話無料!
(他社050のip電話へも無料です)

海外利用も同一条件で使えます。
留守電はメールで来ます。

※iPなのでパケット通信を使います。
パケット量の上限が低い条件なら注意です。

携帯番号の他に050の電話番号が使えるので
携帯からとわからないし
使い分けもできますねー

緊急時も携帯で綱がらない時も050なら
OKの場合もあるかもしれません。

■契約変更したくないなら

こういったSIMの変更や
契約の変更はしたくない。
または
アプリで高速に切り換えるとか
めんどくさいなら
ダブル定額の選択がおすすめです。

ドコモパケホーダイダブルは
4,650パケットまで390円。
超過分のパケットが0.084円プラスで
上限が5,985円。

Xiのダブル定額は
5000KBまで2100円と高速な分だけ
ServersMan SIMより割高ですねー
上限は6,510円とパケ死することはないです。

メールメインでWi-Fi利用なら
通話基本980円+ドコモパケホーダイダブル390円
+spモード300円で合計1670円が最安の維持費
となるが
自分が設定したパケットを超えた場合に
知らせてくれるメール通知サービスを受けて
いないと予想以上の金額になるかも!

ドコモはデータ量確認アプリもあるので
これでチェックするのもありですね!

これらの情報は現時点2012/09/15日
での条件なので、今後変更はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA