今さら?androidスマホの使い方「文字入力とコピペ」編

Character-input3.jpg

androidスマホで文字入力する方法について
スマホ初心者用に、文字入力アプリの使い方や設定と
文字(テキスト)のコピーと貼り付け(コピペ)について
画像付きで説明します。
androidのスマートフォンでも
携帯(ガラケー)と同じようにテンキーを表示できるので
携帯と同じように文字の入力もできます。
違いは
物理キーを押しての操作が画面のタッチに変わっただけです。
しかし
スマートフォンには、もっと素早く入力できる方法もあるし
テンキーから英語キーに即切替ができる便利機能があるので
スマホの良さや便利さを最大限に活用したいですね!
画像付きの詳細な説明は続きにアップしました。


■文字入力の基本
スマホの場合
文字を入力するアプリの入力画面へのタッチ
または入力フォームにタッチすることでキーボードが
自動的に表示されるようになっています。
次の画像はメモアプリの入力画面にタッチして
キーボードが表示されたところです。
Character-input1.jpg
ブラウザアプリでホームページへの
検索でキーワード入力や
買い物で住所などをフォームへ入力も同じく
次のように入力フォームにタッチでキーボードが表示します。
Character-input2.jpg
■フリック入力をマスターしよう。
フリックについては
「液晶画面タッチ操作」編でも説明していますが
携帯で5回キーを押さないと入力できない文字を
1回のフリックで入力することができます。
キーボードの設定でフリックがオンになっている場合は
次のように「あ」のキーにタッチすると
「い」「う」「え」「お」が外周に表示されます。
そのまま「お」の方向へ指を移動すると
「お」の文字を入力できます。
Character-input3.jpg
最初はどの位置にどの文字があるか?なので
タッチして表示された中から
目的の文字へ指を移動する方法で良いと思います。
これに慣れたら素早く指をスライドして一発でフリック入力できます。
標準搭載のキーボードから「Google日本語入力キーボード」に
変更すると次のように最初からキー外周に文字が表示されているので
初心者におすすめです。(変更方法は後ほど説明)
Character-input4.jpg
★フリック入力の設定
購入時状態でフリック入力がオンになっている機種もありますが
これがオンになっていない場合は携帯と同じで
5回タッチで「お」の入力といった方法でしか入力できません。
この設定を変更するには今利用しているキーボードの
設定画面を開く必要があります。
次の画像はSumsungのキーパッド設定ですが
設定項目から「テンキー設定」を探し
「フリック入力」にチェックを入れてOKすれば完了です。
Character-input5.jpg
設定画面を開く方法も機種によって違いがあります。
ギヤの絵やツール絵の設定アイコンがあればそれにタッチ
ですが、
設定キーが表示されていない場合は
「あ Aa 12」キーの長タッチまたは記号キーなどの長タッチから
「各種設定」または「キーボード設定」が表示されることがあります。
タッチで表示できないものは長タッチで表示できると
覚えておくと?なことが可能になることがあります。
■記号・顔文字・英字/数字の入力方法
ひらがな入力から英字や数字の入力キーに切り換えるには
次のように左下の「あ Aa 12」キーにタッチします。
Character-input6.jpg
記号はその上の記号マークのキーにタッチです。
記号の画面には顔文字や絵文字と切り換えるタブがあり
そのタブにタッチして記号の種類を変更します。
(機種により記号キー長タッチから一発選択もあり)
Character-input7.jpg
これはGyalaxy noteのキーボードですが
android標準搭載のキーボードが全て同じキー位置ではなく
キーの位置やそのキー機能が機種により異なることがあります。
androidスマホではキーボードを変更することができ
それぞれのキーボードアプリにより操作方法が違うので
文字入力アプリ比較一覧」を見ておくとよいと思います。
■キーボードの切替(変更)
標準以外のキーボードを利用する方法です。
Googleプレイでダウンロードした他のキーボードを利用できます。
まず、ホーム画面に戻りスマホ本体のメニューにタッチし
「設定」にタッチして設定画面を開きます。
Character-input8.jpg
設定項目から「言語とキーボード」にタッチします。
ダウンロードしたキーボード名の一覧が表示されます。
Character-input9.jpg
利用する可能性のあるキーボード全てにチェックを入れて完了です。
「戻る」にタッチして設定画面を閉じます。
文字を入力するアプリを起動して
入力画面を長タッチしていると「入力方法」が表示されるのでタッチ。
するとキーボード選択画面が表示されるので、ここで選択で完了です。

※この方法がandroid4.0から変更されたので最下部に追記します。

Character-input10.jpg
選択したキーボードが表示されるようになります。

■コピペ機能の使い方
メモアプリやブラウザーなどに表示または入力した
文字をコピーして別の場所に貼り付けができます。
次の画面はブラウザでYahooサイトを開いたものです。
Character-input11.jpg
サイトのテキスト文字がある位置を長タッチすると
メニューが表示されるので「テキストを選択」にタッチします。
テキスト文字の前後に選択範囲を指定するマーカーが表示されます。
マーカーを指で動かしてコピーしたい範囲を指定します。
同時に表示されているメニューから「コピー」にタッチします。
Character-input12.jpg
※この操作はDolphineブラウザでのやり方ですが
アプリにより範囲の指定方法に違いがあり、
マーカーは表示されず、
「テキスト選択」にタッチした後に指でテキストを
なぞった範囲(指を離した位置まで)が
コピーの選択範囲と認識されるものもあります。
また
「テキスト選択」はアプリを開いた状態でスマホ本体のメニュー
から指定するアプリもあります。
次にメモアプリを開いてみました。
Character-input13.jpg
文字入力する場所を長タッチするとメニューが開くので
「貼り付け」にタッチすると
先ほどブラウザでコピーしたテキストがメモに貼り付けできます。

★追記
キーボードの変更(文字入力の変更方法)
記載したキーボードの変更でandroid4.0より選択方法に
変更がありましたので追記します。

テキスト入力画面で画面に一度タッチして入力を有効にします。
スマホの通知バーに入力方法を選択があるので
通知バーを引き下げて開いた通知情報の 中の
「入力方法を選択」にタッチで選択メニューが開きます。

android4-keyceng.jpg

文字が入力できる状態になってないと通知バーには表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA