Galaxy tab Sに装備のRemote PCアンドロイドアプリを利用してみた!

GALAXY Tab S(SM-T800)をGALAXYアンバサダー
プログラムのモニター企画でお借りしています。

Remote PCはGalaxy tab Sで外出先や離れた
位置にあるパソコンを操作できるアンドロイドアプリです。

テスト用にWindows8.1のARROWS Tab QH55/M
で試してみた。

設定方法から操作方法などレビューをアップしておきます。

Remote PCアプリはGalaxy tab Sの標準の状態では
ホーム画面を左にスワイプして2ページ目に
アプリのアイコンがある。

アプリを起動すると「ようこそ」の画面
アンドロイドアプリGalaxy TabリモートPC
アカウントが必要というメッセージがあり
「次へ」進むとSamsungアカウントの更新実行となった。

更新実行後に「アカウントを作成」を実行。
これGoogle IDでもサインアップできるようだ。
サムスンアカウントの登録
アカウントの作成にはFacebookを使用することもできるが
新規でメールとパスワードの設定をした。
名前や誕生日の入力も必要でした。

サインアップを実行すると利用規約が3つもあって
いやな感じ!
でもここは規約にチェック入れて同意するしかない。

Remote PCのトップ画面が登場するが使い方が?なので
チュートリアルを開くとパソコンで
http://remotepc.rview.com/ を開きエージェントを
インストールしなさいとある。
チュートリアル

このアドレスをChromeブラウザで開くと
「Sign in withe your Samsung account」が表示されたので
IEでは(Samsungアカウントにログイン)これをクリック!
アカウントにサインイン
開いた画面でIDとパスワードを入力して「Sign in」

タブレットでアカウントを確認しろみたいなメッセージが出た
のでタブレットのRemote PCにある「接続を確認」をタップ!
接続の確認
するとPCで確認できたようで
PC「Install Agent」が表示されたのでこれをクリック。
リモートPCのインストール

これをダウンロードしてインストールを開始!
アンドロイドアプリのダウンロード

アクセスパスワード入力画面が登場したので
またもやパスワードを入力!
パスワードの設定
これらの作業完了でパソコンと接続ができた
しかし、またもやプライバシー規約の画面でめんどくさいが同意!

Remote PCの画面にはARROWS-TABと接続するパソコンの名前が
表示された!
PCに接続開始

「ここをタップして接続」をタップすれば
またもやパスワードの入力を要求される。
これを完了して
Galaxy tab Sにパソコンのデスクトップが表示された。

最初に操作方法が表示される。
タップでの操作方法
拡大縮小や右と左クリック・ドラッグが指で実行できるようだ。

デスクトップの背景は黒に変わる。
Windowsのスタート画面はそのまま変わらず表示された。
デスクトップ

スタート画面

試しに操作してみる。
Windowsアプリも操作できるようだ。
しかし、Windowsアプリで問題なのはアプリの終了!
通常Windowsアプリは最上部から下へスワイプで終了できるが
Remote PCアプリはこのスワイプが使えないから
アプリのメニューに終了がないと終了ができないのですよ!

Reaidyというリーダーアプリを起動してみたが次の画面への
移動がスワイプではできないためメニューバーの移動の
矢印アイコンタッチで移動することになった。
画面の移動は矢印アイコン

Remote PCはデスクトップ用のアプリに向いているようだ。

Remote PCを利用する意味としてandroidで利用できないアプリ
を使いたい場合となるからOfficeのEXCELを起動してみた。

ブックやシートを開くこともできるし文字を入力など編集もOK!
ただし、パソコンで出来ることが全てできるわけではない。
マウス操作でないと操作がやりにくいことは出来ないようだ。
例えば一括でセルの幅を変更するとかです。

一応Galaxy tab Sのメニューにタップから
マウスやキーボードを表示することは可能で他に閉じるや
他のオプションから接続の解除ができます。
キーボードを閉じるにはGalaxy tab Sの戻るボタンで!
マウスの表示

外出先からも接続が可能か試してみた。
これは自宅のWi-Fiで両方の端末が接続されていたので
Galaxy tab Sをポケットルーターに接続を変えてテスト。
開くまでにタイムラグはあったが接続はOK!
同じように操作ができた。

Remote PCがあれば出先でPCを開いてみれるから
便利度はアップするのだが
PC並に操作できるわけではないので
あくまでもプラスアルファの機能として利用することになる。
利用目的によってはかなり便利です。

最初の設定がめんどくさいですが
一度設定ができれば次回からはパソワードの入力だけで
接続が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA