GALAXY Tab SとiPad airの外観を比較してみた!

GALAXY Tab S(SM-T800)をGALAXYアンバサダー
プログラムのモニター企画でお借りしています。

前回はGALAXY Tab Sの詳細で外観偏をお知らせしましたが
今回はiPad air / Xperia Z2 Tabletと
隣にあったLaVie Tabも外観サイズについて比較してみました。

以下は全てWi-Fiモデルです。

★iPad airとの比較

上がiPad airで下がGALAXY Tab Sのサイズです。

◎画面サイズ
9.7インチ(i)
10.5インチ(G)

◎画面のピクセル
2048×1536(i)
2560×1600(G)

◎幅x厚さx奥行
240 ×7.5×169.5 mm 重量469g(i)
247.3×6.6×177.3 mm 重量465g(G)

GALAXY Tab Sのサイズが大きいのですが
厚さが0.9mm薄く重量は4g軽いですね!

端末を縦にして
幅を比べると見た目の違いはこんな感じです。
Galaxy iPad比較1
下がiPad airで上がGALAXY Tab S。
数値では7.3mmGALAXY Tab Sが大きいです。

横にした場合の見た目のサイズ違いです。
Galaxy iPad比較その2
数値では7.8mm GALAXY Tab Sが大きいです。
見た目では数値以上に大きく感じました。

端末を縦にして画面の左端を合わせると
画面の幅は、ほぼ同じに見えました。
Galaxy iPadの画面比較
写真は接写角度により
GALAXY Tab Sの方が小さく見えてますが!

端末を横にして画面の左端を合わせると
GALAXY Tab Sの方がかなり広いのが分かります。
Galaxy iPadの画面比較2
GALAXY Tab SはiPad airよりワイド画面なのでした。

画面サイズでの実用性を重視すると軽量なのに
ワイドなGALAXY Tab Sが有利です。

2台を重ねたのを横から見るとこんな感じ。
Galaxy iPadの厚さ比較
数値以上にiPad airが厚く見えるのはデザインの違い。
エッジをカットしてツートンカラーの
GALAXY Tab Sは得に薄く見えます。

横に並べてみると実際の厚さは上面の
高さの位置はほぼ同じなので差は小さいですが
下半分が黒っぽいGALAXY Tab Sがかなり薄く見える。
Galaxy iPadの厚さ比較2

サイズだけで、どちらか選ぶとしたら
私的にはGALAXY Tab Sとなる。
デザイン面でもGALAXY Tab Sのほうが好きです。

説明が長くなるのでXperia Z2 Tabletと
LaVie Tabとの比較は次回に回します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA