GALAXYアンバサダープログラム Galaxy S5 レビュー(アプリとシステム設定偏)

先に「個人設定」のかんたんモードでお知らせした
TouchWizホームとTouchWizかんたんホームに変更ですが
「アプリケーション」設定の「標準アプリケーション」からも
3つのホームから選択して変更できるようになっていて
今回は
この説明と「システム」の省電力モードについてのお知らせです。

★ホームの変更その2

設定画面の「アプリケーション」設定に「標準アプリケーション」があり
これにタッチすると次の画面が表示されます。
ホームアプリの変更設定

上部の「ホーム」にタッチすると次の選択画面となります。
かんたんベーシックホームの選択

ホームの画面を変更したい場合はここで選択したほうが早いです。

★省電力モード

省電力モードを有効にしてバッテリーを長持ちさせる設定ですが
単純に有効にすること以外にバックグラウンドでの動作を停止や
グレースケールモードの選択。
さらにはウルトラ省電力モードにも変更できるようになっています。

設定画面の「システム」項目に「省電力」があります。
省電力モードの設定

これをオンにすると省電力モードに変わりますが
バックグラウンドデータをブロックにチェックするとさらに省電力に!
ただし、アプリのデータ更新は手動で行うようになります。

「グレイスケールモード」にタッチして、これを有効にすると
次のように画面全体はグレーに変わります。
グレースケールに変更

アプリから開く写真など全てがグレー表示になります。

●ウルトラ省電力モード

これは緊急用です!
これを有効にすると使えるアプリも制限され、さしずめ
電話とSMS・ブラウザーとメールのみとなります。
画面も次のようにグレーです。
ウルトラ省電力モードを有効に

「+」ボタンにタッチからアプリを追加できます。
ボイスレコーダー・メモ・au災害対策・ChatON
Facebook・Google+・LINE・時計・電卓。
以上が追加可能なアプリですが、追加可能なのは2個だけなので
全部で6個のアプリしか利用できません。

元に戻すには通知バーを引き下げて表示される
「ウルトラ省電力モードを無効にする」で元の状態に戻せます。

ウルトラ省電力モードで約1週間といったレビューを見ましたが
確認して再度報告したいと思います。

Galaxy S5の電池は平日会社勤務で自宅はWi-Fi利用という条件で
外出時のみデータ通信を利用であれば長くて3日。
使用頻度が少し多ければ2日くらいのようです。
利用するアプリにより大きな差はあると思いますので持ち時間はアバウトです。
休日にフル活用すれば1日しか持たない可能性はあります。

iPhoneなどの他のスマホと比べると電池の持ちは得に不満なしです。

Galaxy S5 & Gear2 Neoの全ての記事(レビュー)はこちらにリンクしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA