android用日本語最適化キーボードAIU-OpenWnnを使ってみた!

androidキーボード
AIU-OpenWnn android用キーボードの特徴は
QWERTYキーにおいて
よく使うキーを右端に配置して
片手でも入力しやすくしています。
他にも
デザインの変更や全画面表示が可能と
設定で自分好みに変更できる点です。

実際に利用してみた結果を報告します。

AIU-OpenWnnをダウンロードしたら
最初にスマホ本体の設定から言語と文字入力を
開いてAIU-OpenWnnにチェックを入れておきます。

メモアプリを開いて入力方法でAIU-OpenWnnを
選択したら初期設定ではテンキーになっています。
テンキーです。

ほぼ標準キーと同じでフリック入力も可能。

キーボードの「文字 あA1」キーにタッチしていると
メニューが登場するので「設定」にタッチ。

縦:キーボードの種類と横:キーボードの種類を
AIUキー配列に変えてみました。
AIU配列に変えた

同時にキーボードのデザインも変えてみました。

AIUキー配列のキーボードを使ってみると
QWERTYキーに慣れている私としては
キーを探すのに時間がかかりました。
使いこなすのに練習が必要そうです。
しかし、
よく使うキーが右側にあるのは慣れれば楽かも?です。

次に配列をQWERTYキーに変えてみました。
キーボードのデザインも変えてみました。
QWERTYキーに変えた

標準搭載のキーボードよりキーが大きく表示されるので
入力がやり易いです。
ほぼGoogle日本語入力キーボードと同じサイズです。

次に設定で縦画面フルモード、横画面フルモードに
変更してみました。デザインも変更しています。
全画面表示に変えてみた

このキーボード全画面はアプリの機能として
キーボードの上に表示されるメニューを消すもので
キーボードサイズが大きくなるわけではありません。
入力スペースを広くしたい場合に使います。

スマホ本体を横にしてみました。
キーボード横画面です。

横画面ではQWERTYキーが一番大きいです。
Google日本語入力のキーボードよりキーサイズが大きい
のでとても入力がし易い感じがしました。

総評として縦画面はGoogleのキーボード
横画面ではAIU-OpenWnnが好みです。
テンキーはあまり変わりないですが
AIU-OpenWnnは好みのデザインを選択できる点は
大きいかなと思います。

好みの問題は大きいので無料だし
標準キーボードに不満があれば試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA